医療保険加入の目安

生命保険特に医療保険の加入の目安として、健康保険で出るものや健康保険対象のものなどの情報を書いてまいります。 賢く医療保険入ってください。

医療保険が新発売

医療保険は様々な保険会社が発売されています。
どこも似たような医療保険ですね。
先進医療特約が発売されると、その特約を付けた医療保険が
次々に様々な会社から発売されます。

昔は、60歳までに保険料を払い終え、
その後の保険料の負担をなくすようおすすめしていました。

が、その保険料負担が大きいので、
今ではほとんどが終身払いの終身保障が一般的となってきました。

また、一入院が昔は365日や120日が一般的でしたが
通販の会社が60日を大々的に宣伝した影響で60日間が定着したと考えています。

全く新しいコンセプトの医療保険が発売されています。

東京海上日動あんしん生命のメディカルkitR

今まで掛け捨ての医療保険には興味を示さなかった人には
もってこいの保険ではないかとおもいます。

少しだけ開設(間違っていたらすみません)

70歳まで保険給付が無かったら
それまでの保険料を給付金として受け取ることができ、
70歳以降の保険料も変わらない。

70歳まで保険給付があっても
保険料累計から保険給付金を差し引いた額を受け取ることができる。

但し、ほかの掛け捨ての医療保険より若干高くなっています。

詳しくは、東京海上日動あんしん生命のホームページで確認してくださいね。

お医者さんの悩み続きを読む

医療保険の選び方

医療保険を選ぶのに迷っているあなた。

ちょっと考えてください。
そもその医療保険必要かどうか。
預貯金でカバーできないものかどうか。

その後、医療保険が必要と思ったあなた。

どの位の金額(1日、いくら必要なのか)


自己負担分(3割)と高額療養費それと健康保険以外の支出の額
ざっと計算すると、1日6,000円から1万円が必要。
差額ベッド代などを計算すると1万円から1,5万円が必要になる。差額ベッド代は場所によって異なるから、上の数字が大きく変わってくる。

今後、どんどん国民の医療費の負担が増えてくることを考えると
自己防衛の意味からも保障は欲しいところである。

聞くところによると、入院の日数が3ヶ月を越すと、
医療側は医療点数が低いもしくは無い。つまり売上げにならないらしい。

どんどん入院が短くなっている。

でも、高度先進医療などは治療費がバカにならない。
1日いくら方式の医療保険では対応が出来なくなる日が来る?
かも。自己負担分を○○万円まで限度で払ってくれる医療保険が主流になってきたりして(そんな医療保険があったらいいのになああ)
保険 見直し

群発頭痛の原因

目の奥にある、脳を養っている太い血管の内頚動脈が、何らかの原因で拡張して、周りの神経が腫れて痛む為、群発頭痛が起こると考えられています。しかし、拡張する原因は、今の所はっきりとは分かっていません。

この群発頭痛は、偏頭痛と違う点があります。偏頭痛は頭痛が起こるのが主な症状ですが、群発頭痛は目の結膜が充血したり、涙が出たり、瞳孔が小さくなったり、顔が赤くなったり、鼻水が出たりという症状も伴います。

偏頭痛も群発頭痛も、脈拍に一致した痛みが生じる血管性頭痛です。腫れて痛む原因が分からないので、事前に防ぐというのも難しいですが、目に疲れを溜めないのが一番の予防法かもしれません。

また、ニトログリセリンやアルコールの摂取で、群発頭痛を起こす場合もあります。この場合も、先程の説明と同じように、内頚動脈が何らかの原因で拡張して、周りの神経が腫れる為に頭痛が起こるようです。こちらもまた、拡張する原因は分かっていません。なので、群発頭痛の症状が出ている間は、アルコールの摂取を控えた方がいいですね。

群発頭痛は長くて2ヶ月続くので、お酒好きな方にとっては2ヶ月禁酒するのは、とても辛いでしょう。でも、群発頭痛というのは、転げ回る程の痛みを伴うと言われているので、お酒を我慢する方が無難と言えます。

群発頭痛はとても辛いですが、ある一定の期間が過ぎれば、何事もなかったかのように良くなります。なので、しばしの辛抱が大事ですね。

群発頭痛の治療方法

群発頭痛には、酸素吸入するのが、最も効果のある治療法になります。酸素吸入をする事で、頭部にある動脈が収縮して、痛みが和らぐ為です。なので、酸素吸入をする事で、頭痛が和らぐ時は、群発頭痛であると確証される場合が多いそうです。

この酸素吸入ですが、早い段階で酸素吸入をするととても効果がありますが、症状が出てしまうと効果には個人差が出てきます。100%の酸素を10〜15分吸う事で、効果が表れるのですが、市販の酸素スプレーでは足りないので、何本か用意するか、酸素ボンベをレンタルするかしなければいけません。

さらに、これは保険外診療となりますので、コストがとても多くかかってきます。なので、経済面で余裕がなければ、薬物治療をするしかありません。薬物治療には、血管収縮作用のあるお薬が使われます。この薬物治療も、頭痛が起こってから薬を飲んでも効果が低くなります。

頭痛が起こる時間は、大体毎日決まっているので、頭痛が起こりそうな時間の1時間前に服用されるといいでしょう。処方される薬には、クリアミンAやカフェルゴットがあります。

また、頭痛が起こってしまった場合には、スマトリプタンという注射薬がよく効果を発揮してくれます。

しかし、頭痛が起こったからと言って、いつでもすぐに病院を受診出来る訳ではありませんよね。そういう方は、スマトリプタンの点鼻薬を処方してもらい、日頃から持ち歩いているといいでしょう。注射薬程は効果はありませんが、点鼻してから、15分程で効果が表れてきます。いつ頭痛が起きてもいいように、かかりつけの病院を作っておくといいですね。

群発頭痛の症状

偏頭痛に対して、群発頭痛はあまり知られていませんが、この頭痛は頭痛の中では上位に入る程、とても辛い頭痛です。群発頭痛の特徴は、ある季節に突然起こり、一度起こると一定期間、毎日頭痛が起こるという特徴があります。頭痛が起こる期間は、人によって違いますが、大体2週間〜2ヶ月くらいの間、頭痛が続きます。この期間を過ぎると、痛みは何もなかったようになくなります。

しかし、また何ヶ月か、何年かたった頃に、一定期間毎日起こる頭痛がやってくるのです。偏頭痛は女性が多いのに対し、群発頭痛は20〜40代の男性に多い病気だと言われています。

頭痛の症状としては、側頭部や目の奥、目の周囲に我慢出来ないくらいの痛みを生じます。あまりにも痛くて耐えきれなくなる場合もあるでしょう。また、鼻水が出たり、まぶたがむくんだり、結膜が充血したりという症状を伴う場合もあります。

ある期間、毎日頭痛に耐えれば頭痛が起こらなくなるけれども、またしばらくすると同じ症状を伴う場合は、この群発頭痛を疑ってみてください。

頭痛が起こる原因には、色々な病気があり、病院を受診してもすぐに頭痛の原因を見つけられるとは限りません。症状が頭痛だけであれば、医師も何が原因で頭痛が起こっているのか、見分けるのもきっと難しいでしょう。なので、自分で頭痛の特徴を知り、知識を得ておくといざという時に役立つはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。